手を動かすことのマジック

UXデザイナーにとって、ハンズオンー手を動かすことがいかに大切か、いくら強調してもし足りません。

ハンズオン、手を動かすこととはどういう意味でしょうか?

UXデザイナーにとってもハンズオン、手を動かすと言うことは、つまり実際にプロジェクトに取り組み、問題を定義したり、競合他社をリサーチしたり、UXコンセプトをタスクフロー、ワイアーフレーム、プロトタイプなどの形にビジュアライズしたり、ユーザーテストを実施したり、ユーザーテストの結果をまとめたり、それらの結果に基づいてデザインを修正したりすることです。

人間は他の動物と違って、まだ起こっていない未来のことを考えたり想像することができます。この能力によって、私たちはいろいろな将来のシナリオを頭の中で思い描き、未来に備えることができます。

でも、この能力は私たちの足かせにもなります。

先々のことをアレコレと考えすぎてしまうからです。いったん先のことを考え出すと、悲観的なシナリオばかりを思い浮かべてしまい、あれこれ心配してしまいます。それらはまだ起きてもいない幻想に過ぎないのに。

このような状況に陥らないための良い方法の1つが、今、手を動かすことに集中する、と言うことなのです。

目の前のUXプロジェクトの具体的なタスクに集中し始めると、あなたのフォーカスは幻想から現実にシフトします。

具体的なタスクは現実に形のあるものなので、そのタスクによって作り出されたものとあなたとの間に、ポジティブなフィードバックループが作動し始めるのです。

このフィードバックループが始まると、あなたのモチベーションにもスイッチが入ります。

ワイアーフレームの作成などといった具体的なタスクは、ワイアーフレームなど、目に見える、形のある成果物を作り出します。

このような形のある成果物を目にした瞬間から、「もっと、此処をこうしたらよくなるな!」といった形で、あなたはその成果物をよりよくするための方法を考え始めるのです。

そしてもし仮に、あなたが自分自身のフィードバックに煮詰まってしまったとしても、具体的な成果物があるので、今度はそれを元に他の人たちからフィードバックをもらうことができます。他の人の意見や視点は、得てして自分では思いもよらなかった考えに気づかせてくれたりするものです。

このポジティブなフィードバックループは、とても強力です。

あなたの仕事を前に進めるためのエンジンの役割を果たします。

はfじめたときにはごくシンプルでラフだったものが、あれよあれよと言う間に結構面白いものに進化していく様に、びっくりするかもしれません。

手を動かす時、フィジカルな作業も含めるとより効果的です。例えば、UXコンセプトを手書きでスケッチしてみるとか、ポストイットを使ってタスクフローを作るといった具合にです。

手を動かすことの素晴らしさは、様々に異なったバリエーションを加えることによって、より多くの刺激を受けることができ、それがポジティブなフィードバックループ自体を加速させると言うことです。

いったん動き出すと、それはまるで手品のようです!

常にハンズオンー手を動かしましょう。目に見える、形のある成果物を作り、ポジティブなフィードバックループをスタートさせましょう。

そしてそのフィいーどバックループに燃料を注ぎ続けてください。

周りの人たちに声をかけて、コメントやフィードバックをもらいましょう。

フィジカルなアクティビティを織り交ぜて、五感を刺激しましょう。

考えをポストイットに書き出して、壁に貼り付けましょう。

ワイアーフレームやタスクフローをプリントアウトして壁に貼りましょう。

手書きのスケッチを描きましょう。

プロトタイプを作りましょう

手を動かすことが重要なのです。

手を動かすことにより、ポジティブなフィードバックループが始動して、あなたをはるか遠くまで連れていってくれます。

手を動かしてものを作りましょう!

YouTube版(英語)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です